なみっきーの畑では言えない話

定番野菜から珍しい野菜までの日々の農業日記です。

意外と知らない簡単!野菜の保存方法とは?!

ここ最近、春にしては暖かすぎるくらいの気候ですね。
畑ではTシャツ1枚でも出れちゃいます。

ただ、今は昨日の雨に濡れたし寒いしで若干風邪気味ですが(笑)

 

今回は知っているようで知らない野菜の保存方法についてです。

今後、夏に向けて野菜もどんどん種類を増えてきますが、つい買いすぎてしまい保存方法もどのようにすればいいのか迷われることが増えていくのではないでしょうか。

家庭菜園をしている人は、つい取りすぎた野菜をどうすればいいのか迷われるかもしれません。

そんなあなたに今夏に備えて簡単に保存方法を紹介します!

 

まず、日持ちがする野菜といたみやすい野菜があります。

例えばじゃがいも・さつまいもなどの根菜類なんかは日持ちしやすいです。

特にさつまいもなどの芋類は直射日光を当てないようにし、半年以上は保管できます。

できれば土つきで畑で育てられた状態と同じ体勢で保存することをおすすめします。

 

日持ちしづらいのは葉物野菜です。

キャベツ・白菜・小松菜・ほうれん草などは乾燥に気をつければ1ヶ月ほど保存できますし、冷凍保存も可能です。

水分の多いレタスなどは冷凍が厳しいです。

保存したい場合は芯を、乾燥を防ぐため、濡らしたペーパータオルで当てて、新聞紙でくるんだり、ビニールやラップでくるんで野菜室で保存してください。
これで10日間くらいは持ちます。

 

実のあるトマト・ナスはそれぞれ保存方法が異なります。

トマトは煮たりしてトマトソースなどで加工してしまわないと長くは持ちません。

ナスは冷蔵庫には入れずに涼しい場所で10日持ちます。

 

基本的な知識として、

まずは直射日光をあてない!

 

次に葉物類は根を下にしたりして、畑と同じように保存する。

 

一番は新鮮で美味しいときにすぐに食べる!です(笑)

 

夏に向けて野菜がどんどん増えてきますが、買いすぎ作り過ぎに注意して野菜を楽しみましょう!

別記事では、なぜ土つきがいいのかについては触れてみたいと思います。

 

それでは!

 

畑の様子やイベント情報など更新中!

 

みっきーFacebook

https://www.facebook.com/yuta.namiki.921

 

みっきーTwitter

http://twitter.com/nayu7369

 

みっきーInstagram

http://www.instagram.com/yuta_7373/