みっきーの畑では言えない話

金融機関・IT会社を経て辿り着いた、脱サラ未経験農業日記です。

ダイエットに夏野菜「ナス」

「ナス」はインドの北部が生まれ故郷です。モンスーンが押し寄せる、蒸し暑いところが原産地です。

つまり、日本の夏が大好きなのです。

「ナス フリー素材」の画像検索結果

 

ナスビ色というくらい、紫色が日本では普通ですが、日本以外では白いナスが普通らしいです!

 

白いナスは卵のようにも見えるので、eggplantと言われています。

東南アジアからは紫色のナスは気持ち悪いと言われてしまうそうです(笑)

 

 f:id:en-cs-y1573:20170621210725j:image

 これはまだミニナスです。

食べてみましたがやわらかいし十分美味しかったですよ!

一口サイズで見た目も可愛らしくていいですね。

 

 

ダイエット効果あり!

「ナス」は水分含量が多いため、100gあたり22calと低カロリーです。

料理にナスを使用するとかさ増しにもなりますしお腹いっぱいになりやすく満足感も得られます。

 

便秘・むくみ改善に「ナス」

ナス自体に水分が多く含まれているので、食事に取り入れると水分補給にもなり便秘が改善されるでしょう。

また、カリウムも100gあたり220mgと「きゅうり」「ピーマン」より多く含まれています。

 

もちろんダイエット、便秘、むくみに良い!からといって、食べ過ぎるのはよくありません。

「ナス」には体を冷やす効果がありますので、冷え性の方は注意が必要です。

 

それではこれからも季節の野菜を楽しみましょう!

 

畑の様子やイベント情報など更新中!

 

みっきーFacebook

https://www.facebook.com/yuta.namiki.921

 

みっきーTwitter

http://twitter.com/nayu7369

 

みっきーInstagram

http://www.instagram.com/yuta_7373/

 

いろんな形のキュウリ

最近は朝晩と1日に2回キュウリの収穫をしております。

その際にいろんな形のキュウリがありました(笑)

曲がったものから真っ直ぐなものまで。

大きさも様々です。

f:id:en-cs-y1573:20170615102925j:image

最近はスーパーでも小さいキュウリが売られていることもありますが正直調理はし辛くないですか?笑

おやつサイズで子供にはいいのかな??

まああまり買わないですよね…。

 

ただレストランなどでミニキュウリがサラダのお皿の周りなんかに添えられたらかなりオシャレですよね。

そういった売り先があると可能性がどんどん広がってワクワクしますね。

 

ちなみに保存方法は2.3日で消費するならポリ袋なんか濡れタオルを上にかぶせて冷暗所などで保存がいいですよ!

それとふにゃふにゃになってしまった場合は氷水につけるとシャキッとしますよ!

 

水分補給がてらキュウリライフを楽しみましょう!笑

 

それでは!

 

 

畑の様子やイベント情報など更新中!

 

みっきーFacebook

https://www.facebook.com/yuta.namiki.921

 

みっきーTwitter

http://twitter.com/nayu7369

 

みっきーInstagram

http://www.instagram.com/yuta_7373/

 

 

値下げは誰も得をしないよ。

現在は農業研修中で2年後には独立予定ですが、その際は10種類などの野菜をまとめて宅配ボックスとして売りたいと考えております。

 

そこでこれだけはしたくないということがあります。

それは今回のエントリ内容「値下げをしない」です。

 

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/tsuruetoushi12_TP_V.jpg

なぜかというと適正価格で売ることにより商品の価値を守ることができるからです。

 

安くすることは簡単です。

ですが1度安く売ってしまうとまた安くするのでは?と思うように当然なりますし、それを続けていると利益を上げにくくなり、結果的にブラック労働になってしまうからです。

 

好きなことをやっているのでいくらでも働こうと思えば働けてしまいますがどうしても時間的余裕がなくなってしまい、新しいアイデアや価値が生まれなくなってしまうのです。

 

また、不思議なもので普通より高いもの(もちろん品質は良い)を購入すると人は満足した表情をみせるのです。

そう、そのお客様は商品のブランド(価値)も含めて買ったのです。

 

私自身、よくコーヒーを飲むのにスタバなどに行くのですがコーヒー自体ではちょっと高いな。と思いますが、そこの空間やWi-Fi、席代を考えると適正かなと思い利用します。

コーヒーの味自体はマックの方が美味しい気がします(笑)

 

今後、野菜を売るにあたっては適正価格で売る。

そしてお客様へのアフターフォロー(野菜の保存方法や定期イベント開催)をしっかりし、付加価値を付けれる経営を行なっていきたいと思いました。

 

 

畑の様子やイベント情報など更新中!

 

みっきーFacebook

https://www.facebook.com/yuta.namiki.921

 

みっきーTwitter

http://twitter.com/nayu7369

 

みっきーInstagram

http://www.instagram.com/yuta_7373/

 

農業にも「多動力」を!

つい先日発売された堀江貴文さんの新著「多動力」を早速購入し読了しました!

 

今までは一つの会社に入ったら定年までずーっと同じ会社に務めるのが普通でした。

しかし、これからは65歳で引退なんてありえないし年金もどんどん引き上げられています。そもそも1つのことをやっていればいい、という時代はもう終わったのです。

 

ホリエモンこと堀江貴文さん自身も、自分でもわからないくらい多くのプロジェクトを同時進行させています。ロケット開発、シェフ、経営コンサルタント、TERIYAKI、執筆、メルマガ、オンラインサロン・・・無限にあります!笑

 

すべてのプロジェクトをいやいややっているのではなくすべて興味のあるワクワクしたものしか関わっていません。次から次へとハマる。まさに「多動力」なのです。

 

好きなことは仕事にしないほうが良いとか言う人もいますが、それは嘘です。

人生設計を間違えた人の言い訳です。堀江さんは現に好きなことを仕事にしていますし。むしろ好きなことでないと仕事にできない時代になると思います。そして興味のあることは全てやるのです。

 

こんなにも多くのプロジェクトをどのように同時に行っているのか、それらの秘密がこの著書には記されていました。

例えば、仕事ではリズムを重視しているようで「電話には出ない」などいきなり人の時間に土足で入られることを極端に避けています。他にはそもそもこの著書自体ほとんど外注です。伝えたいことだけ日々SNSなどでばらまいといてそれを周りの協力者がまとめてこの本は完成したみたいです。

多くのことをやるにはなにをしないかも真剣に考えないといけませんね。

 

ここで私自身の仕事、「農業」についても同じことが言えるのではないか、「多動力」が必要に違いないと思い今回エントリさせていただきました。

 

まずおいしい野菜を作ったら勝手に売れるなんてことはありえません。

農協に出せば最低限の生活はできるようになるかもしれませんが、TPPの問題などもあり全然安心できません。

そもそも農協メインではどうしても安売りになってしまい農業以外の仕事ができなくなってしまいます。労働時間を減らして売上を上げなければいけません。

 

売上を上げるには野菜の直販をしていかないと中間マージンをとられてしまい稼げないのです。

そして野菜の栽培以外にSNSを活用して広告したほうがいいですし、そこで得た顧客の管理もしないといけません。HP作成も必須ですしそうしたら定期的にHP運営も必要です。

 

栽培だけしていればいいという古臭い農業はもう終わりです。

もともと農家は百姓と呼ばれていました。百姓とは百の姓と書いて100のわらじを履くということです。農業は天候にかなり左右される職業だったことから、米だけでなく野菜もやったり、冬は街の数々の仕事を行っていました。

本来の意味での百姓がこれからは必要とされるのです。

 

農業だけでなく本の自己出版なども容易にできる時代ですし多くのわらじを履くことができる時代なのです。

そのヒントがこの本にはたくさん散りばめられていますので是非机に座ってするビジネスマンだけでなく畑にでている農業人にもおすすめした著書でした。

 

私自身も栽培以外にもたくさんのプロジェクトに今後挑戦したい、いや絶対すると改めて誓うこととなった本でした。

 

では!

 

畑の様子やイベント情報など更新中!

 

みっきーFacebook

https://www.facebook.com/yuta.namiki.921

 

みっきーTwitter

http://twitter.com/nayu7369

 

みっきーInstagram

http://www.instagram.com/yuta_7373/

 

 

 

 

 

 

 

 

キャベツとカブの味がする野菜!「コールラビ」

不思議なもので、普段私達がよく知っているキャベツとカブの2つの味を同時に楽しめる野菜があるのです!

それがコールラビという野菜

f:id:en-cs-y1573:20170530223218j:plain

おもしろい形してますよね。

なんか可愛らしいモンスターみたいです(笑)

ドイツ語でコールは「キャベツ」、ラビは「カブ」という意味です。そのまんまな名前ですね。

 

味はカブよりも甘みがあり、ほんのりキャベツの風味もあるかな?といった感じで、

かなり食べやすく、サラダに入れて食べたらとても美味しかったです。

「昨日のコールラビのサラダ美味しかったなー。」なんて言えたらおしゃれですし、はじめ見たときは、「どうやって調理すればいいんだ?!」と思いましたがカブと同じ要領で行えば何も難しくありません。

サラダ以外にもシチュー・マリネ・酢の物になんかも出来ますね。

コールラビの丸焼きでドンッ!とでてきても面白い。

 

見た目のインパクトもありますし、ちょっと洒落た料理にしたいときはうってつけの野菜だなと思いました。なんといってもおいしいですしね!

では!

 

畑の様子やイベント情報など更新中!

 

みっきーFacebook

https://www.facebook.com/yuta.namiki.921

 

みっきーTwitter

http://twitter.com/nayu7369

 

みっきーInstagram

http://www.instagram.com/yuta_7373/

 

有機JASマークならおいしくて安全?

そもそも有機JASマークは国に認定されなければ表示できません。

条件は簡単に言いますと「農薬・化学肥料を3年以上使用していない」です。

ただし、使用が認められている農薬もあります。

 

有機野菜=無農薬というわけではありません。

 

今回のテーマの「有機JASマークならおいしい?」ですが、これは美味しくて安全の可能性は高い。というのが答えだと思います。

 

JASマークをとるには当然申請して国に認められなければいけません。

つまり費用がかかるのです。しかも結構取られる。

 

いちいちどこの畑でどのような肥料を使用しているかなど調べるのがめんどくさい方は、JASマークが付いている野菜を選ぶのが無難なのかもしれません。

 

しかし、本当に美味しい野菜を食べたいと考える人は「かかりつけ農家」を持つことが必要だと考えます。

そしてこれからは「かかりつけ農家」をもつことがまた1つのステータスになるのではないかと。行きつけのオシャレなバーがある感覚でしょうか?笑

なんとなくかっこいいですよね(笑)

常連になるとなにかとサービスがあったりでマスターとの会話も楽しめます。

そんな自分だけの農家から直接野菜を買う。そんな時代になれば素敵だなと思います。

 

JASマークの認定は取っていない。それでも自分が信用している農家だから安心だしなによりおいしい。

 

そんな農家をあなたも見つけられることを願っています。

 

それでは!

 

畑の様子やイベント情報など更新中!

 

みっきーFacebook

https://www.facebook.com/yuta.namiki.921

 

みっきーTwitter

http://twitter.com/nayu7369

 

みっきーInstagram

http://www.instagram.com/yuta_7373/

 

 

名脇役「スナップエンドウ」

だんだん暖かくなり「スナップエンドウ」も収穫し始めることができるようになってきました。

f:id:en-cs-y1573:20170518155817j:plain

みずみずしく食感豊かで焦げ目がつくくらい焼いて食べても美味しいです。

食物繊維も豊富でダイエットにも効果的です。

 

スナップエンドウ」はもともとアメリカからきた品種で、名前の由来は「ポキンと折れる」や「パチンと音をたてる」といった意味を持つ、snap=スナップからきているようです。

 

茹でると鮮やかな緑色になりますし食卓の彩りにもぜひ使ってみてください。

それでは!

畑の様子やイベント情報など更新中!

 

みっきーFacebook

https://www.facebook.com/yuta.namiki.921

 

みっきーTwitter

http://twitter.com/nayu7369

 

みっきーInstagram

http://www.instagram.com/yuta_7373/